全3784文字

 ツアー初日の集合場所は、シリコンバレーのホテルに隣接するコンベンションセンターの1階だった。ツアー参加者の宿泊先には、そのホテルが割り当てられているので便利でいい。

 受付を済ませると、100人くらいが座れるプレゼンテーションルームに通された。受付で渡された資料に、今日のスケジュールが載っている。最初にツアー全体の説明があり、その後、午前中に基調講演を含めて講演が3件。そして午後は時流に乗って大きくなった最近話題のITベンダーの本社を訪問することになっていた。このITベンダーは、社員が自由に発想できるようにオフィスに工夫がなされているという話だ。

 周囲を見渡すと、日本の会社が企画したツアーであるため日本のビジネスパーソンらしき人ばかりが20人ほど座っている。年齢層は幅広く、20代から50代と思しき人までいた。さすがに見た目では業種までは分からないが、軽装の人が目立つ。ITなど比較的新しい業界から来た人が多いのだろう。建設業のような重厚長大産業から来ていると思われる人は見当たらなかった。

 開始時刻になったものの始まる気配がないので、なんとなく日本の空港で会ったおやっさんの名刺を取り出した。

いろは化学材料株式会社
代表取締役社長
森田 剛

 あの後、追いかけて名刺を渡そうとしたが、見失ってしまった。経営者が危機感を持たなければいけない話や新規参入者が斬新なサービスを生み出して市場を奪ってしまう話など参考になる話が多かったので、またどこかで会えるといいがと思う。おやっさんの日に焼けたはげ頭を思い出し、少し吹き出してしまった。

「何か面白いこと、あったかい」

と隣から声がした。