ITを活用したビジネス創出は、様々な分野のエンジニアに求められているテーマ。新しい体験を創り出す案件において役立つ考え方が「デザイン思考」である。デザイン思考の一般的なプロセスは、d.schoolが整理した「共感」「定義」「発想」「試作」「試行」の大きく五つのフェーズで構成する。本講座では、筆者らが独自に追加した「意義付け」フェーズを合わせた六つのフェーズを解説する。

 ITエンジニア向けにデザイン思考を解説しているが、それ以外の業界で働くエンジニアにとっても参考になる内容だ。