全4807文字
PR

 米Googleが提供する、IaaSおよびPaaSのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」。興味を持っている読者は多いかもしれないが、既に使っているという人は少数派だろう。クラウドサービスのシェアでは、日本国内でも世界でもAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureの後塵を拝する。

 しかし2017年ごろから、企業情報システムへのGCP導入を検討するユーザー企業が増えている。客観的なデータがあるわけではないが、GCPを使うシステム構築に携わってきた筆者の実感だ。

 GCPは技術力を武器に、近い将来AWSとAzureの2強体制に割って入る可能性もあると思う。AWS、Azureのユーザー企業にとって、GCPは理解しておく価値の高いクラウドサービスといえる。

 本講座では、主にAWSと対比させながら、GCPの設計思想や主要サービスを基本から解説していく。

 今回は、GCPのルーツをひもとき、なぜ最近になって注目を集め始めたのか、という理由を探る。さらにAWSやAzureと比べた、GCPの特徴を説明する。

PaaSから始まりIaaSを拡充

 GCPのルーツは、2008年に登場したGAE(Google App Engine)にさかのぼる。GAEはアプリケーション実行環境のPaaSで、現在はGCPのサービスの一つになっている。

 GoogleのIaaSであるGoogle Compute Engine(GCE)の正式リリースは、5年後の2013年まで待たなければならない。GCEも現在はGCPのサービスの一つである。

 この経緯からも分かるように、GCPはもともとPaaSを志向しており、IaaSをあとで拡充させてきた。2013年の仮想プライベートネットワーク「VPC」、2016年の日本国内で初となる「東京GCPリージョン」、2017年のオンプレミス(自社所有)環境とGCPの仮想プライベートネットワークを結ぶ専用線接続サービス「Google Cloud Interconnect(Dedicated Interconnect)」といった具合に、企業情報システムの必須要件になるサービスを順次追加している(図1)。

図1●GCPが、企業情報システムで必須要件となるIaaSのサービスを拡充してきた経緯
図1●GCPが、企業情報システムで必須要件となるIaaSのサービスを拡充してきた経緯
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザー企業にとって、ようやく企業情報システムにGCPを適用できる基本条件が整った。これが、GCPが注目を集めるようになった要因の一つといえる。

 仮想マシンを使わない基盤構成にして運用保守の負担を減らす「サーバーレス化」が叫ばれ、クラウドの先行ユーザー企業でPaaS導入が進んでいることも大きい。