全1810文字

 第2回では、IPパケットの構造について見ていこう。

 IPパケットは「IPヘッダー」と「データ部」という2つの部分で成り立っている。IPヘッダーが前に、データ部が後ろになる。

 IPヘッダーは、IPパケットを届けるために使われる様々な情報が入っている。データ部には、アプリケーションのデータが入れられる。第1回で説明した「荷物の中身」に相当するのが、このデータ部である。

場所を示すIPアドレス

 では、IPヘッダーにはどんな情報が詰まっているのだろうか。

 最も重要な情報は、2つのIPアドレスだ。その中でも、宛先IPアドレスが重要になる(図1)。

図1●IPパケットの中身
図1●IPパケットの中身
IPパケットは、IPヘッダーとデータ部から成り立っている。IPヘッダーには、IPアドレスなどの情報がある。データ部には、アプリケーションのデータが入れられている。
[画像のクリックで拡大表示]

 IPアドレスは、ネットワーク上のコンピュータの“位置”を示す情報である。各コンピュータにそれぞれ異なるIPアドレスが割り当てられる。IPヘッダーに含まれる宛先IPアドレスは、IPパケットを届ける相手のコンピュータを示す。ルーターはIPパケットの転送先を決めるときにこの情報を利用する。

 送信元IPアドレスは、IPパケットを送り出すコンピュータ自身のIPアドレスである。送信元IPアドレスはおもに、宛先のパソコンやサーバーが受け取ったIPパケットに対して返信するときに使われる。

 IPアドレスの長さは、IPv4とIPv6で異なる。IPv4は32(=2の4乗)ビット長、IPv6はIPv4の4倍の128(=2の6乗)ビット長のアドレスを使う。IPv4ではアドレス数が足りなくなったので、アドレス長を長くしてアドレス数を増やしたIPv6が開発されたのである