全1755文字
PR
社内のPCからインターネット上のWebサーバーにアクセスするときは、プロキシーサーバーを使うことが多い。この場合のHTTPの流れを押さえよう。

 社内のパソコンからインターネット上のWebサーバーにアクセスするときは、社内のパソコンに代わってWebアクセスを実行する「プロキシーサーバー」を使うケースが多い。第4回では、プロキシーサーバーを使ったときのHTTPの流れを押さえよう。

社内ネットワークで使うプロキシー

 プロキシーサーバーは、WebブラウザーのHTTPリクエストを受け取って、パソコンの代わりに自らWebサーバーにアクセスする機能を持つサーバーである(図1)。

図1●HTTPのやり取りを代理するプロキシーサーバー
図1●HTTPのやり取りを代理するプロキシーサーバー
社内ネットワークではプロキシーサーバーが使われることが多い。WebブラウザーのHTTPリクエストの宛先をプロキシーサーバーにする。するとプロキシーサーバーがHTTPのやり取りを代理で実行する。
[画像のクリックで拡大表示]

 社内ネットワークでプロキシーサーバーを使う理由は二つある。

 一つは、Webアクセスの高速化のため。プロキシーサーバーは、パソコンに代わってアクセスしたWebページのデータを自身のキャッシュに保存しておく。そして、社内のパソコンが再びデータを要求したときは、保存しておいたデータを返信する。こうすれば、パソコンへのレスポンスが速くなる。また、インターネットへ出ていくトラフィックを少なくすることにもつながる。

 もう一つの理由は、セキュリティを高めるため。プロキシーサーバーを経由してWebアクセスをすると、直接インターネット上のWebサーバーにアクセスするのはプロキシーサーバーになる。つまり、Webサーバーから見ると、プロキシーサーバーしか見えなくなり、社内にあるパソコンの姿は見えない。これはインターネットから社内のパソコンを隠すことになり、セキュリティの向上になる。