全1364文字

 第2回ではIPアドレスの構造に目を向けよう。ホスト(パソコンやサーバー)のIPアドレスをどう割り当てるのかを押さえたい。

1台を特定するための情報

 IPアドレスの役割は、IPの世界でホストを見分けられるようにすることである。学校に例えると、クラスと出席番号で生徒を見分けることと同じだ(図1)。

図1●IPアドレスはIPネットワークに属するホストの識別子
図1●IPアドレスはIPネットワークに属するホストの識別子
IPアドレスは、ネットワークと、そのネットワーク内のどのホストかを特定するための情報。人間の世界における、クラスと出席番号と同じようなものである。
[画像のクリックで拡大表示]

 出席番号はクラスの中で1人ひとり異なる。このため、「2年1組出席番号6番は誰ですか?」といえば該当する生徒がわかる。クラスと出席番号は生徒を識別するためのアドレスなのだ。IPの世界でも同様に、IPアドレスがわかれば特定のホストを識別できる。

ネットワーク部とホスト部がある

 IPアドレスはホストを特定するために2種類の情報を持っている。ネットワークの情報とネットワーク内のホストの情報だ。それぞれネットワーク(ネットワークアドレス)部、ホスト(ホストアドレス)部と呼ばれている。

 ネットワーク部は学校の例で言えば、2年1組などのクラスにあたる部分(図2)。ネットワーク部を見れば複数あるネットワークの中で、目的のホストがどのネットワークに属しているのかを特定できる。

図2●IPアドレスはネットワーク部とホスト部で構成される
図2●IPアドレスはネットワーク部とホスト部で構成される
ネットワーク部とホスト部の情報を合わせることでホストを識別できるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]