全1391文字

 ITエンジニアに求められるテクニカルスキルの一つとして「どのプログラミング言語で書けるか」というものがあります。昨今では「プログラミングはオフショアに任せるので、日本のITエンジニアは設計書や仕様書を書ければよい」といった意見がありますが、プログラミングは、適切な設計書を書くために必要なスキルです。

 適切な設計書を書くためには、プログラムで実装できる内容なのかどうか、実装時に使われるプログラミング言語の特徴にあった設計なのかどうかなどを検討する必要があります。こういった検討時にプログラミング言語の知識がないと、実装不可能な設計をしてしまったり、非常に実装しにくい設計となり実装に余計な工数がかかってしまったりします。ITエンジニアたるもの、設計を見て実装が頭のなかに浮かぶくらいのプログラミング言語の一つや二つは持っているべきでしょう。

 では、どのプログラミング言語で書くことができればよいのでしょうか。プログラミング言語は非常に数多くあり、Wikipediaに記載されているものだけでも500種類を越えます。毎年新しいプログラミング言語が提案されているので、すべての言語をマスターすることはできません。また、すべての人にお薦めできる最強のプログラミング言語もありません。「ソフトウエア開発に銀の弾丸はない」と言われていますが、プログラミング言語選びにも銀の弾丸はないのです。作りたいソフトウエアの種類、やりたい分野によって最適な言語は変わります。