要件定義では、経営層や利用部門の実務担当者など、さまざまな立場の人たちとコミュニケーションを取る必要がある。そのときに重要なのが、必要な情報を効率良く集めるためのヒアリングのスキルだ。