全551文字

 不同沈下するのは建物だけではありません。住宅の荷重に比べればはるかに軽いはずの塀や門柱でも、地盤が軟弱であれば不同沈下します。クラックが発生したり傾いたりすることもあります。

 品確法では責任を問われないかもしれませんが、擁壁の異変は大問題です。擁壁自体が沈下したり前面へ滑り出したりすれば、敷地やその周辺全体が危険にさらされます。その意味で建物の末梢的な不具合よりもむしろ重大です。

 外構だけでなく地下埋設物にも影響が出ます。基礎のボイド管には無駄な遊びがないので、建物の沈下で上下水道管やガス管が下方に押され、継ぎ手から割れて漏水やガス漏れの被害が出ます。外付けの給湯器やエアコンのダクトにも支障が生じます。