図3●CRISP-DMでは問題の洗い出しから始める

「業務のプロ」がデータ分析をすべき理由