図1●データ保存用のフォルダーを指定する

KNIMEで分析を始めよう