「外壁通気工法」とは、住宅の外装材の内側で躯体との間に一定の隙間を設け、その上下端を開けておくことで、外気が流出入できる「通気層」とする工法です(表記上は「構法」という語を使う場合もあります)。雨漏り対策についていえば、雨水が外装材(1次防水層)の内側に浸入しても、躯体を覆う防水紙(2次防水層)の手前で排出してくれる点が、この工法のメリットです(壁内結露対策など、ほかにも重要なメリットがありますが、ここでは雨漏り対策に限って説明します)。

通気層が外壁躯体内への雨水浸入を防ぐ
住宅瑕疵担保責任保険法人の1つ、住宅保証機構の設計施工基準を基にした外壁通気工法の納まりイメージ(資料:住宅保証機構の資料を基に日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 外壁通気工法は近年、高気密・高断熱住宅の普及とともに採用される例が急速に増えてきました。サイディング材などを用いた乾式の外壁仕上げでは、現在の新築住宅の大半がこの工法を採用しています。また、モルタル吹き付けなど湿式の外壁仕上げでも、導入例が珍しくなくなっています。

 雨漏り対策で外壁通気工法がなぜ有効なのか――。もう少し詳しく説明しましょう。かつての木造住宅では、外装材を外壁躯体に直張りする施工方法が珍しくありませんでした。木造住宅は、地震動や強い風などを受けると、建物全体が大なり小なり揺れるものです。外装材もその揺れに追随して、ひび割れや目地割れが入ることがあります。こうしたひび割れや目地割れは、雨水の浸入ポイントになります。

 通気層がない外壁の場合、外装材を突破した雨水は、内側で躯体を覆う防水層(防水紙)に達します。浸入した雨水は、外装材と、防水層を挟んで密着している躯体との間に滞留することになります。そして、外装材の留め付けくぎの周囲など防水層の切れ目から、躯体内に入ってしまいます。通気層を設けていれば、雨水が外装材の内側に入っても滞留しないで、通気層が“排水路”の役割を果たし、浸入雨水を迅速に戸外へ排出しやすくなります。

 外壁通気工法では一般に、通気層の屋内側、すなわち躯体外壁の外側に張る防水紙に「透湿防水シート」を用います。透湿防水シートは「水は遮断するが、水蒸気(湿気)は通す」という性質を持った防水資材です。雨水が通気層に入り込んでも、このシートで浸入を阻まれて下に流れ落ち、屋外に排出されます。他方、屋内から壁内に水蒸気が入り込んでも、シートを通過するので、通気層から外部に排出されます(これが冒頭で少し触れた壁内結露対策での代表的なメリット)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経クロステック ラーニング/日経クロステックには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら