全4028文字

 モーターの駆動にはさまざまな方法があり、その制御にも電圧制御や電流制御などがあることを本講座で紹介してきた。その中で、最近、基本的手法として使われているのがスイッチング駆動である。オン・オフ動作を行うスイッチを用い、パルス幅を変調することでモーターを制御する。このスイッチング駆動方式と駆動回路を解説する。

 スイッチング駆動とは、パワーデバイスをスイッチング領域や飽和領域*1と呼ばれる動作領域で使用する方法である。デバイスは、オンまたはオフの動作を行うスイッチとして使う。スイッチング駆動で発生する損失は、スイッチがオフからオン、オンからオフに切り替わるときに生じる損失(スイッチング損失)と、オンになっている時に生じる損失(定常損失)の和である。