全2950文字

 モーターの利用が広がっている背景には、モーター自体とその制御回路の高性能化・高効率化がある。モーターを効率よく駆動するための重要な技術であるエネルギー回生と、インバーターおよびコンバーターのうち、ここではインバーターとコンバーターについて取り上げる。

変換/制御回路の効率向上

 電力変換回路や制御回路の効率を高めるために重要となるのが、インバーターやコンバーターの効率である。一般に、直流から交流へ電力変換するものをインバーターと呼び、交流から直流へ変換したり、直流から別の直流へ変換したりするものをコンバーターと呼ぶ。なお、直流から別の直流へ変換するものがDC-DCコンバーターである。

 バッテリーから負荷側(モーター駆動回路)へ直流電力を供給するとともに、エネルギー回生時には、負荷側(モーター駆動回路)からバッテリーに電流が流れる。このため双方向の昇圧・降圧型コンバーターが必要となる。モーター制御に欠かせない回路といえる。