全1975文字
PR

PoCで何を実施するかを決める

 ここからは、PoCで具体的に何をするのか、JQベーカリーを舞台に見ていきましょう。PoCでは、今回のプロジェクトに関わっている以下の3人が登場します。

和田さん:今回のDXプロジェクトリーダーで、経営企画室の室長。マーケティング部で実績を積んできた。顧客をよく知っているということでリーダーに抜てきされたが、ITにはあまり詳しくない

平川さん:DXプロジェクトのシステム開発担当で、情報システム部所属。基幹システムの開発には慣れているが、サービス開発は初めて

三宅さん:DX専門のコンサルティング会社、デジトラコンサルティングの社員。JQベーカリーに常駐し、「DXプロジェクトリーダー補佐」という肩書で今回のプロジェクトを支援している。AI関連のプロジェクト経験が豊富

 実際にモノを作ってみて、動かしてみて、想定通り動くかを検証するのがPoCです。しかし、いったいどこまで作るのかという疑問が湧くでしょう。

和田:この間のセミナーで、「AIを入れたけど想定通りの精度が出なかった」という失敗談を聞いたよ。我々のプロジェクトでもAIを入れるわけだけど、ちゃんと利用者が満足してくれるレコメンドになるのかな?

平川:いやぁ、それはやってみないとなんとも言えませんね。

和田:でも結構なお金をかけてシステムを構築した後に、「やっぱりダメでした」では社長に説明できないよ。

三宅:そうですね。レコメンドの精度が悪いと、サービスの根幹が揺らぎます。「過去のPOSデータから実用に足るAIが開発できるかどうか」をPoCとして検証した方が良いと思います。