全2369文字

 工場の管理者は、職位が上に行くほど現状の課題解決と同時に、中・長期的な工場のあり方の検討とその実現への取り組みが求められる。そのため、つい事務所や会議室で行う業務の比率が多くなり、生産現場から遠くなりがちだ。職制としても、現場の担当者や班長、係長、課長と階層を経ているために、あえて現場に直接口を出さないように自制している管理者も少なくない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い