全7378文字

ハイレベルランタイム

 主にKubelet(Kubernetesのコンポーネントの1つ、第2回で説明)からCRIという標準化されたインターフェース経由で指示を受け、コンテナイメージの取得やネットワーク関連の設定を行うランタイムです。主なハイレベルランタイムは以下の通りです。

containerd
 containerdはもともとDockerの一部でしたが、現在はCNCF及びMoby projectに属し開発が進められています。バージョン1.1で「cri plug-in」という機能がが追加され、Dockerからだけでなく、Kubeletからもネーティブにcontainerdを操作可能になりました。

cri-o
 cri-oは、Kubernetesでの利用を前提に開発された、軽量なハイレベルランタイムです。Red Hatや米Intel(インテル)社などが開発を主導しています。CNCFに属します。

rkt
 rktはCoreOS(現在はRed Hatが買収)によって開発が進められてきました。2017年にCNCFへ寄贈されました。ローレベルランタイムを内包しており、コンテナの作成や削除も行えます。

ローレベルランタイム

 ハイレベルランタイムの指示を受け、実際にLinuxカーネルの機能を使ってコンテナの作成や削除などを実行します。ランタイムは以下の通りです。