全4086文字

 今回は、大規模データを扱うときに欠かせない「データベース」について解説します。そのデータベースを操作するための言語「SQL」についても学びましょう。

 皆さんは、顧客や社内の誰かから、行数が数千万にもなる大規模なデータを受け取ったらどうしますか。手元のPCの性能によっては、開くことさえできないかもしれません。そんな大規模なデータはどのように処理したらよいでしょうか。

 そこで必要になるのが、データベースソフトウエアです。データベースソフトには、有償のものからオープンソースの無料のものまで幅広く存在しています。有償のものには、米マイクロソフト(Microsoft)の「Access」「SQL Server」、米オラクル(Oracle)の「Oracle Database」などがあります。無料で使えるオープンソースであれば、「MySQL」や「PostgreSQL」などが代表的です。

データベースとは何か

 データベースとは、登録や検索、更新、削除が容易にできるように整理しされたデータの集合のことです。データベースにもさまざまな種類がありますが、企業情報システムで最も広く使われているのがリレーショナルデータベース(RDB)です。ここでは、RDBを対象に解説します。

 イメージをつかむために、RDBでデータを見てみましょう(図1)。

図1●リレーショナルデータベース(RDB)の一例。Excelなどの表計算ソフトに似た見た目をしている
図1●リレーショナルデータベース(RDB)の一例。Excelなどの表計算ソフトに似た見た目をしている
[画像のクリックで拡大表示]