全1980文字

 住宅を新築したり、中古住宅を購入したりする際、普通は誰もが目に見える要素で検討するでしょう。デザインだけでなく耐震性、安全性、使い勝手なども、間取りや躯体、材料などから性能をある程度判断できます。

 ところが近年は、こうした目に見える要素に加えて、目には見えない「空気の質」をいかに整えるかという点が重視されるようになってきました。その背景にあるのが「シックハウス対策」と「省エネルギー化」というテーマです。

24時間換気でシックハウス対策

 シックハウス対策は、シックハウス症候群が社会問題化したことに伴って登場しました。新建材の普及により、ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)を含む材料が増えてきました。さらに、住宅の気密性が向上して室内空気が滞留するようになったため、VOCが身体に与える影響が無視できなくなってきたのです。そこで2003年の建築基準法改正で、対策を講じました。

戸建て住宅のシックハウス対策
戸建て住宅のシックハウス対策
部位に応じてVOCを含む建材の使用量を制限している。含有量の表示は、含有量の多い順に「F☆」から「F☆☆☆☆」まで4種類に分類。24時間換気システムも義務付けている(資料:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 戸建て住宅の場合、対策は大きく2つあります。1つは、VOCを含む建材の使用量を抑えることです。VOCは、ベニヤ板や構造用合板などの板材、接着剤などに多く含まれていました。そこで室内や天井裏、床下、押入れなどに対し、VOCの含有量に応じて建材の使用量を制限しました。内装仕上げについてはより厳しく、天井裏では少し緩やかな基準を設定しています。

 もう1つの対策は換気です。建材のVOC含有量を抑えても、多少の揮発は生じます。建物の完成後に住み手が持ち込む家具にも、一定のVOCが含まれる可能性があります。03年の法改正では24時間換気システムの設置を義務付けて、VOCが室内に溜まらないようにしました。戸建てや共同住宅の別にかかわらず、全ての住宅が対象です。

 住宅に導入する換気システムは、主に「第1種」と「第3種」があります。第1種換気は全館空調とセットになっていることが多く、空気の取り入れ口と排出口のそれぞれにファンを設けて機械的に空気を出し入れします。

 第3種換気は排出口側にファンを設けて空気を捨て、取り入れ口からは自然に空気を取り入れます。通常、リビングや寝室などの居室に入り口を設けて新鮮な空気を引き入れ、トイレや浴室に設けたファンで空気を排出します。

 冬は「寒いから」と第3種換気システムのスイッチを切ってしまう話を耳にします。窓を閉め切った状態が長く続くと、空気はよどんでしまいます。新鮮な空気を取り入れる換気の重要性を再認識する必要があります。