全556文字

 Mobile Application Management。MAMと略す。従業員が利用するスマートフォンやタブレットにインストールするアプリケーションを、システム部門が一括管理すること。

 アプリのインストールや削除、インストールできるアプリの制限、アプリ単位でのアクセス制御、企業内アプリストアの運営などを行う。業務アプリと他のアプリとのデータ連携を禁止するなど、情報漏洩を防ぐための仕組みやポリシーを整備することもある。これらを実現する機能を備えたのが、MAM(モバイルアプリケーション管理)ソフトである。

 MAMの利点を大きく活かせるのは、企業内でBYOD(私物端末の業務利用)を実践する場合である。

 アプリケーションごとの管理が可能なMAMを使えば、個人のデータは残しつつ、業務に関連するデータを削除することができる。そのため、BYODを実践する際に従業員の同意を得やすくなるからだ。

 MAMは、アプリ管理を実現する技術によって2つの種類に分かれる。AndroidやiOSといったOSの機能を活用して実現するMAMと、業務アプリに独自のソフトウエアモジュールを付加(ラッピング)して業務アプリの挙動や外部との通信を統制するMAMである。