全6877文字

配列

 次に、配列について学びましょう。プログラムにおける配列とは、1つの変数の中に複数の値を格納できる入れ物のことです。

 Pythonの配列には以下のような種類があります。

型名データの種類記述例主な用途
listリスト[1, 2, 3]複数の値を追加、削除、参照する
tupleタプル(1, 2, 3)固定的なデータ(定数など)を定義、管理する
dict辞書{"1": "one", "2": "two", "3", "three"}キーと値を対応付けて管理する

 それぞれを詳しく学んでいきましょう。

リスト(list)

 Pythonでプログラミングをする上で、最も一般的な配列がリストです。リストを作成するときは大カッコ[]を使います。簡単なソースコードを紹介します。

# リストの宣言
num_list = [1, 2, 3]
# num_listの型出力
print (type(num_list))

 リストの中身となる値を「要素」と呼びます。「list =[要素A, 要素B, 要素C, 要素D, ……]」と要素をカンマで区切って記述します。末尾のカンマは省略可能です。ここでは、「1」「2」「3」という数値が入った「num_list」という名前のリストを作成しています。

 その後に「print」関数で、num_listの型を出力しています。これを実行すると、リスト型を示す「<class 'list'>」が出力されます。

 リストの要素には、型が異なる値を混在させることもできます。以下では、数値と文字列が混ざったリストを作成しています。

sample_list = [10, '10', 'A', 'あ', 1, 2]

リストの要素の参照

リストの各要素には、自動でインデックス(要素の位置を示す番号)が割り振られます。リストの先頭にある要素はインデックスが「0」で、そのあとは1、2、3…と続きます。

 リストの要素は、インデックスを使って参照します。「(リストの変数名)[(インデックス)]」と記述します。以下のソースコードでは、print関数の中でリストの要素を呼び出しています。

num_list = [1,2,3]
# 0番目の要素を出力
print (sample_list[0])
# 1番目の要素を出力
print (sample_list[1])
# 2番目の要素を出力
print (sample_list[2])

 これを実行すると、以下のように出力されます。

0
1
2

 要素の数を超えるインデックスを指定すると、エラーが起こります。

num_list = [1, 2, 3]
# 3番目の要素を出力
print (sample_list[3]) 

 このnum_listには、要素は3つしかありません。インデックスが3、つまり前から4番目の要素を指定しているので、「error:list index out of range」というエラーが表示されます。

 インデックスはリストの後方から指定することも可能です。「-1」が最後の要素、「-2」が最後から2番目の要素になります。

num_list = [1, 2, 3]
# 最後の要素を出力
print (sample_list[-1]) 

 これを実行すると、出力は「3」となります。