全1207文字

 TeamsによるWeb会議の上級活用法について実装方法を詳しく解説する。今回は動画サービス「Microsoft Stream」との連携によってWeb会議の動画を見直しやすくする方法を取り上げる。Streamと連携させるメリットや使い方の概要については関連記事を参照してほしい。

 Microsoft TeamsとMicrosoft Streamはすべてクラウドサービス同士で連動している。操作方法を覚えてしまえば、簡単に連携させることが可能だ。

Teamsでのチームの作成

 まずはTeamsにチームを作成する。これはもちろん既存のチームを利用してもらっても構わない。この後はチームにひも付けて動画を管理する。

Web会議の設定

 TeamsでWeb会議を設定するのがポイントだ。TeamsのWeb会議はOutlookからもスケジュール設定することが可能だが、この方法はお勧めしない。理由はTeamsのチームおよびチャンネルとひも付けることができないからである。Outlookは利用せずにTeamsクライアントから会議を設定するのがよい。

(出所:胡田昌彦、以下同)
(出所:胡田昌彦、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 Teamsでは[予定表]から[新しい会議]をクリックしてWeb会議を作成し、Teams上のチームおよびチャンネルにひも付けることが可能である。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 直接チャンネル内で会議アイコンをクリックする方法でも同じ結果が得られる。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]