全504文字

 続いて、インバーターを構成するコンデンサーを取り上げる。コンデンサーの役割は、図1に示すように主電池の電流を平滑化することである。コンデンサーがないとIGBTがオン/オフ動作を行うため、電流はパルス状に変化する。すると、外部配線インダクタンスによって過大なサージ電圧が電流オフ時に発生し、IGBTを瞬時に破壊してしまう。

図1 コンデンサーの役割
図1 コンデンサーの役割
磁石の配置によって、表面磁石型(SPM)と内部磁石型(IPM)に分かれる。(作成:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンデンサーを使うことで電流を緩やかに減少させ、サージ電圧を抑制できる。さらに、電流がパルス状に流れると、主電池からインバーターまでの配線から広い周波数成分を持ったノイズが放射され、ラジオなどに障害を与える。これも同様に、電流を平滑化することで抑制している。