全2397文字

 「時間をかけてもなかなか結論が出ない」「問題は解決したはずなのに、何度も再発する」「何から手を付けていいか分からず、つい先延ばしにしてしまう」……。リーダーの皆さんはこんな悩みを抱えていませんか。

 ビジネスの現場は常に、多くの業務や問題に囲まれています。貴重な時間をうまく使って、効率的に問題を解決したいものです。問題とは、あるべき姿に着目し、「あるべき姿と現状にどのようなギャップがあるか」を考えた結果、出てくるものです。問題解決とは、「認識した問題をあるべき姿に近づけて解消しようとする全ての行動」です。私たちは、問題を解決しようとするとき、意識していなくても次のようなプロセスで行動しています。

  • [1]問題を認識する
  • [2]現状を分析する
  • [3]解決策を立案する
  • [4]解決策を実行する
  • [5]結果を評価する

 ただし、必ずしも順序よくこのプロセスを踏んでいるわけではなく、各プロセスを行ったり来たりしているというのが実態です。問題を解決しようとするとき、このプロセスをしっかりと意識して行動すると、もっと効果的に問題解決を行うことができるのです。問題解決プロセスを意識して進めると、次の3つのメリットがあります。

  • (1)自分自身が効率的、効果的に問題を解決できる
  • (2)解決する価値のある問題を見つけることができる
  • (3)周囲にプロセスを理解してもらいやすいので、支援を得やすくなる

 では、問題解決の5つのプロセスを順番に見ていきましょう。