全570文字

 米Twitterが2021年5月6日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で投げ銭ができる機能「Tip Jar」を発表した。投げ銭の対象は当初、クリエーター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体など限られたユーザーのみ。今後、投げ銭対象および言語の範囲を拡大する予定だ。

この記事は日経FinTech登録会員限定です