全501文字

 イーデザイン損害保険は、脳の健康度と運転挙動の特徴についてデータ分析を実施した結果を公表した。交差点付近における「スピード超過回数」や「急加速回数」などの危険挙動発生数の多寡が脳の健康度別に異なることが判明したという。

この記事は日経FinTech登録会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!