全629文字

 英国金融行為規制機構(FCA)が2022年2月14日、BNPL(後払い)サービス4社に対して消費者に損害を与える恐れのある規約の改定を促したと発表した。対象となったのは英Clearpay、スウェーデンKlarna、ニュージーランドLaybuy、および豪Openpay。

この記事は日経FinTech登録会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料