全541文字

 SOMPOホールディングス、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、日立製作所の4社は2022年3月29日、量子コンピューター関連技術を損保ジャパンの損害保険業務で同年4月から本番利用すると発表。日立製作所の専用マシン「CMOSアニーリング」を採用した。

この記事は日経FinTech登録会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!