全508文字

 千葉銀行は、温暖化ガス(GHG)の排出量算定と可視化を行うクラウドサービス「zeroboard」を提供するゼロボードと脱炭素経営支援に向けた業務提携を締結した。千葉銀行の取引先企業における脱炭素経営の支援や、千葉県内の自治体との二酸化炭素排出実質ゼロの推進を共同で進める。

この記事は日経FinTech登録会員限定です