全523文字

 クレディセゾンは、決済データに基づいてCO2(二酸化炭素)排出量を可視化できるクレジットカード「SAISON CARD Digital for becoz」の発行を開始した。決済データを活用した気候変動対策の取り組みは国内初という。

この記事は日経FinTech登録会員限定です