全436文字

 三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は2021年6月3日、固定翼ドローンとAI(人工知能)技術を用いた水災時の損害調査を同月から開始すると発表した。自立型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせたサービスを展開するエアロセンスと共同で実施する

この記事は日経FinTech登録会員限定です