全475文字

 NTTデータは2022年6月8日、タブレットを利用した次世代営業店システム「営業店スマート化ソリューション(仮称)」の開発に同年4月から着手したと発表した。次世代営業店システムは、事務効率化や新たな顧客体験の提供を目指したもの。第1号ユーザーとして、西日本シティ銀行が2024年度に採用する予定だ。

この記事は日経FinTech登録会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!