全522文字

 電通国際情報サービス(ISID)は、地域金融機関の賃貸不動産融資業務にAI(人工知能)による不動産査定を活用したサービスの提供を始めたと発表した。賃貸不動産の賃料をAI評価エンジンにより推定する。不動産テック企業のスイスPriceHubble(プライスハブル)の日本法人と共同で開発した。

この記事は日経FinTech登録会員限定です