全513文字

 三菱UFJ信託銀行はAI(人工知能)ベンダーのMILIZEと共同で、AIを活用して特定情報の抽出と優先順位付けを可能にするラベリングシステムを開発したと発表した。自然言語処理技術である「BERT」を用いる。

この記事は日経FinTech登録会員限定です