全601文字

 三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、新損害サービスシステムを順次稼働すると発表した。保険金受け取りまでの日数短縮に加えて、自動車保険で年間約3500万枚の書類削減につながるとしている。

この記事は日経FinTech登録会員限定です