全476文字

 じもとホールディングスグループ傘下の仙台銀行ときらやか銀行は、SBIネオファイナンシャルサービシーズおよび電子地域通貨の事業を進めるまちのわと、地方創生・地域経済活性化に向けた包括連携協定を締結したと発表した。キャッシュレス決済を通じて、宮城県と山形県の域内経済の活性化を目指す。

この記事は日経FinTech登録会員限定です