全546文字

 三井住友フィナンシャルグループと三井住友銀行は2022年7月22日、ブロックチェーン関連事業を展開するHashPortとその子会社であるHashPaletteおよびHashBankとの間で基本合意書を締結したと発表した。この合意に基づき、トークンビジネスに関する協業に向けた協議を開始する。SMBCグループの顧客基盤やビジネスノウハウと、HashPortグループの「Web3」に関する知見や技術を組み合わせて、NFT(非代替性トークン)領域でのエコシステム構築を狙う。

 両グループは今回の協業において「トークンビジネスラボ」を共同で設置し、トークンビジネスの推進に関する調査研究や実証実験に取り組む。さらに、NFTの発行をはじめとしたトークンビジネスを検討する顧客に対して事業化支援やコンサルティングを提供するほか、NFT活用を含むSMBCグループによるトークンビジネスの展開を検討するとしている。

 HashPortグループは、ブロックチェーンやNFTを活用したトークンビジネスに関するサービスを提供。HashPaletteはNFTの流通に最適化したブロックチェーンネットワーク「Palette」の開発、HashBankはブロックチェーン技術を用いた金融インフラ事業をそれぞれ展開している。