全445文字

 りそなホールディングス(HD)と香川県の百十四銀行は2021年9月7日、デジタル分野における戦略的業務提携を締結したことを発表した。両社は、りそなHDが開発したバンキングアプリを基に新たなアプリを共同開発し、百十四銀行の個人顧客向けに2022年度中に提供開始する。

 百十四銀行は業務提携に基づき、バンキングアプリによる非対面ビジネスの強化や営業プロセスおよび店頭事務の改革を図る。また、店舗やバンキングアプリなどのチャネル間のデータ連携を通じて得たデジタルマーケティングやデータ分析などのノウハウ共有、人材交流によるノウハウ向上を進める。さらに、りそなHDが今後開発する他金融機関やFinTech企業などと連携するデジタルプラットフォームを百十四銀行が活用することも視野に入れているという。

 りそなHDは、異業種や地域金融機関との連携によるプラットフォームの構築を進めてきた。香川県で高い存在感を持つ百十四銀行とのノウハウ共有によって、顧客接点の拡大や地域経済への貢献などを目指すという。