全489文字

 米金融大手JPモルガン・チェースは2021年9月8日、独Volkswagen(VW)との提携を発表した。決済事業を展開するVolkswagen Paymentsの株式の約75%を取得する計画だ。取引条件は非公開としているが、提携を通じて「車内決済」をはじめとするデジタル決済機能の拡張を狙うとみられる。JPモルガンが自動車業界に参入するのはこれが初となる。

 VWは2017年にルクセンブルクでVolkswagen Paymentsを設立し、決済業界への進出を果たした。Volkswagen Paymentsは自動車の購入やリース、燃料の購入、電気自動車(EV)の充電料金の支払いなどに関して、車内にいながら決済できる自動車業界のニーズに特化した決済サービスプラットフォームを提供。現在、32カ国で事業を展開している。

 

 自動車業界におけるデジタル決済の需要は高まっており、2021年には車内決済のみで40億ドルに達すると予測され、世界的な急成長が見込まれている。両社は今後、VWの決済プラットフォームに関して自動車業界以外の市場も視野に入れた開発および展開を目指すとしている。