全528文字

 米PayPalは2021年9月7日、日本国内で後払いサービスを提供するPaidyを買収すると発表した。買収金額は3000億円(約27億ドル)で、2021年第4四半期に買収を完了する予定だ。日本国内の決済市場に向けた機能やサービスの拡充を狙う。

 Paidyは、1カ月分のオンラインショッピングの支払代金を、翌月まとめてコンビニエンスストアや銀行振込などで支払える後払いサービスを提供する。AI(人工知能)を活用した独自の信用スコアにより即時の利用審査を実現しているほか、手数料無料で3回の分割払いができる「3回あと払い」など、日本市場に合わせたサービスを展開している。サービスのアカウント数は600万超という。

 既にPayPalとPaidyの関係は深い。PayPalは、Paidyが2021年4月に提供開始した「どこでもペイディ」の最初のパートナーとなっている。同サービスは、決済サービスと連携してオンライン店舗で後払いサービスを利用できるようにするもので、提携によって全世界で2900万あるPayPal加盟店でPaidyによる支払いを可能にしている。Paidyは、PayPalによる買収後も「ペイディ」ブランドを保ち、現在のビジネスを継続していくという。