全615文字

 欧州のID専門家による多国間コンソーシアムが、電子ID(eID)と決済を組み合わせたパイロットプロジェクトを発表した。同プロジェクトはEU(欧州連合)が主導する「EUデジタルIDウォレット」プログラムの目的に沿ったもの。国境を越えた決済の合理化にもつながるよう設計している。

この記事は日経FinTech登録会員限定です