全478文字

 金融大手の米Goldman Sachsは2022年9月20日、同社が手掛ける銀行取引管理サービス「Transaction Banking(TxB)」をEU(欧州連合)地域へ拡大させると発表した。ドイツのフランクフルトを拠点に、オランダのアムステルダムへの拡張を計画しており、160カ国以上、120超の通貨に対応する。

 TxBは、通貨や国を超えて口座や決済、流動性リスクのトラッキングを可能にするサービス。クラウドベースでAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を介して、企業に各種機能を提供する。2020年に米国でサービスを開始し、2021年には英国へ進出した。これまでに400社以上の顧客がTxBを利用しており、650億ドル以上の預金を受け入れてきたという。

 「当社は複雑なグローバルレベルでの資金管理業務を遂行する上での課題を理解しており、容易で安全な使い勝手の良いプラットフォームを構築し、顧客の事業運営と成長を支援していく」。Goldman Sachs TxBのグローバルヘッドを務めるHari Moorthy氏はこう述べる。