全501文字

 シンガポール金融管理局(MAS)は、銀行間で顧客や取引に関する情報を共有できるデジタルプラットフォームを構築すると発表した。マネーロンダリングやテロ資金調達、大量破壊兵器拡散の防止が狙いだ。2023年上半期の導入を予定している。

この記事は日経FinTech登録会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料