全175文字

 システム安定稼働のための方法論である「SRE(Site Reliability Engineering)」を採用する金融機関が増えてきた。SREの内容は多岐にわたるが、信頼性100%を目標としないことが1つの特徴だ。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!