改正銀行法によって努力義務化された銀行API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の存在感が再び増してきた。BaaS(Banking as a Service)やEmbedded Finance(組み込み型金融)といったユースケースが脚光を浴び始めたからだ。オープンAPIの導入は、銀行だけでなく証券会社や保険会社にもじわりと広がりつつある。

 金融DX(デジタル変革)に関する重要トピックを10分×6レッスンで学べる教育動画サービス「FinTech Camp」では、GMOあおぞらネット銀行 CTO(最高技術責任者)の矢上聡洋氏を講師に迎え、銀行APIを巡る経緯や意義、今後の期待を解説する。デジタル金融を支えるキーテクノロジーであるAPIの基礎から応用まで、しっかりと理解できるはずだ。