FATF(金融活動作業部会)による第4次対日相互審査の結果が公表され、マネーロンダリングやテロ資金供与対策に向けた機運がにわかに高まりだした。金融庁も審査結果公表に先立ち、ガイドラインの改訂に着手。金融機関に対して2024年までの対応を要請している。

 金融DX(デジタル変革)に関する重要トピックを10分×6レッスンで学べる教育動画サービス「FinTech Camp」では、NTTデータ経営研究所 金融政策コンサルティングユニット マネージャーの山本邦人氏を講師に招き、マネロン・テロ資金供与対策の基礎、FATF審査の内容から、今後の将来像までを解説してもらった。