あらゆる業界がDX(デジタル変革)の必要性に迫られている。金融業界も人ごとではない。多くの金融機関がDXを重要テーマとして掲げてきた。しかし、DXに臨む目的が曖昧なままデジタルツールの導入を進めたり、とりあえず実証実験に手を出したりといったケースも散見される。

 DX施策を軌道に乗せるには明確な目的を定め、経営層がしっかりと関与する前提で、組織や人材を整えていくことが重要だ。具体的な取り組みにおいては、データとデジタル技術、さらにビジネスの仕掛けをうまく掛け合わせて、改革に着手するアプローチが有効だという。

 金融DXに関する重要トピックを10分×6レッスンで学べる教育動画サービス「FinTech Camp」では、住友生命保険の理事デジタルオフィサーを務める岸和良氏を講師に招き、デジタルビジネスに乗り出す上で欠いてはならない心得を、多面的に解説してもらった。