さまざまな分野での活用が期待されている量子コンピューター。AI(人工知能)などの進展によって、大量のデータを高速に計算したいとのニーズは年々高まっている。

 既存の計算処理技術では対応が難しい大規模高速処理のニーズに応える最も有望な技術が、量子コンピューターだ。金融分野でもシミュレーションの効率化など、ビジネス応用の観点で注目が集まる。

 金融DXに関する重要トピックを10分×6レッスンで学べる教育動画サービス「FinTech Camp」では、NTTデータ 技術開発本部イノベーションセンタ課長の矢実貴志氏、同主任の川又裕也氏、金融事業推進部技術戦略推進部プロジェクトサポート担当課長の阿久沢佑介氏を講師に招き、量子コンピューターの技術概要や金融分野における動向を解説してもらった。