「日経FinTech」は2022年5月25日、「FinTech Salon~銀行APIの波高し~」を開催します。「FinTech Salon」は、「日経FinTech」が定期購読者向けに提供する双方向型のオンラインセミナーです。ぜひご視聴ください。

【FinTech Salon】「銀行APIの波高し」

配信日時:2022年5月25日(水) 18:00~19:00
講師:日経BP 日経FinTech編集長 岡部 一詩
主催:日経FinTech
※質疑応答が終了次第、時間を待たずに終わる可能性があります
※本セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使ってライブ配信します。視聴方法は、【5月24日(火)】に本ページにてご案内します

 日本で初めて、銀行とFinTech企業によるAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携が実現してから6年がたちました。2017年に成立した改正銀行法を追い風に、ほとんどの銀行がオープンAPIを実装。活用シーンは徐々に広がりを見せ始めています。

 一方でAPI接続料金などをはじめ、課題も表面化しつつあります。銀行APIが活発に利用され、さまざまなサービスを育む土壌として機能しなければ、金融エコシステム形成に向けた土台が揺らぎかねません。日本におけるFinTechの進化について欠かせないテーマである銀行API。その現在地を解説します。

 日経FinTechの双方向型オンラインセミナー「FinTech Salon」は、Q&Aを主体とした新たな情報収集の場です。日経FinTech編集部員を中心とした登壇者が特定テーマについて20~30分程度で解説した後、視聴者のさまざまな疑問に回答します。一方的な情報発信ではなく、読者それぞれの「知りたいポイント」に応える取り組みです。

岡部 一詩(おかべ・ひとし)
日経BP 日経FinTech編集長
岡部 一詩(おかべ・ひとし) 2012年日経BPに入社。「日経コンピュータ」編集部にてアジアのIT動向や金融機関のシステム導入事例などの取材を担当。2015年にFinTech領域の取材を始め、「日経FinTech」創刊メンバーとして2016年3月より同編集部に所属。2019年4月より現職。主な著書に『FinTech革命』『API革命 つながりが創る次代の経営』『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史』『アフターコロナ』など。