「日経FinTech」は2022年6月29日、「FinTech Salon~デジタルアセット 拭えぬ旧弊~」を開催します。「FinTech Salon」は、「日経FinTech」が定期購読者向けに提供する双方向型のオンラインセミナーです。ぜひご視聴ください。

【FinTech Salon】「デジタルアセット 拭えぬ旧弊」

配信日時:2022年6月29日(水) 13:00~14:00
講師:日経BP 日経FinTech編集 編集委員 森側 真一
主催:日経FinTech
※質疑応答が終了次第、時間を待たずに終わる可能性があります
※本セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使ってライブ配信します。視聴方法は、【6月28日(火)】に本ページにてご案内します。

 2022年6月、ステーブルコインを規制する改正資金決済法が成立しました。ステーブルコインの存在感がグローバルで強まるなか、日本において一定の方針が示された格好です。そのほかにも暗号資産、セキュリティートークン(ST)、NFT(非代替性トークン)といったデジタルアセットに対する法規制の動きにも注目が集まっています。

 デジタルアセットのような新しい領域において、規制の在り方は極めて重要です。その方針次第で、新産業の成長を後押しできるか否かが大きく左右されます。デジタルアセットを取り巻く法規制を中心に、最新の状況をひも解きます。

 日経FinTechの双方向型オンラインセミナー「FinTech Salon」は、Q&Aを主体とした新たな情報収集の場です。日経FinTech編集部員を中心とした登壇者が特定テーマについて20~30分程度で解説した後、視聴者のさまざまな疑問に回答します。一方的な情報発信ではなく、読者それぞれの「知りたいポイント」に応える取り組みです。

森側 真一(もりがわ・しんいち)
日経BP 日経FinTech編集部 編集委員
森側 真一(もりがわ・しんいち) 1990年日経BP入社。「日経データプロ」編集部にてデータベースなどシステムソフトウエアを担当。1994年より「日経オープンシステム」、2004年より「日経コンピュータ」で主にシステム開発に関する記事を執筆。2008年から「日経Linux」副編集長、編集長を務め、2012年に「日経SYSTEMS」編集長に就任。2017年から日経BP総研で主任研究員を経た後、2020年1月より現職。